ITエンジニア必須の再審用語解説

 ノーコード・ローコード開発

ノーコード・ローコードとは何か?

近年、アプリケーション開発の現場において「ノーコード」や「ローコード」というキーワードをよく耳にするようになりました。「ノーコード」とはプログラムのコードを一切書かずにアプリケーションを開発することを指します。一方で「ローコード」は必要最小限のコードでアプリケーションを開発します。

ノーコード開発において、プログラミング言語に関する知識がほとんど必要とされません。コードを記述する代わりに、開発ツールのUIを操作してアプリケーションのロジックを表現することになります。サイボウズが提供するKintoneなどに代表されるノーコードのプラットフォームには、アプリケーションに必要となる様々なパーツが予めモジュールとして用意されています。それらを組み合わせることによって、様々な機能を実現できます。

一方で、ローコード開発はノーコード開発とは異なり、コードを記述することが前提となる開発手法になります。ただし、開発ツールのサポートなどによって記述するコードの量を最小限に抑えるというのがローコード開発の考え方です。ローコード開発では開発ツールやフレームワークにより提供される様々な機能をAPI経由で呼び出して組み合わせることでアプリケーションを構築します。

ノーコード・ローコードのニーズが急増してきている背景には、ビジネス市場における要件の変化やITシステムの高機能化に対して、IT技術者側にそれに対応するためのリソースが足りていないという事情が挙げられます。特にクラウドサービスを活用したアプリケーションは開発に広範な知識が必要となり、人材の確保が難しいという課題があります。

これに対してクラウドプラットフォームのベンダーは、それぞれのサービスを活用するためのノーコード・ローコード開発ツールの提供を始めています。代表的なものとしてはAmazonのAmazonHoneyや、MicrosoftのPowerPlatformや、GoogleのAppSheetなどが挙げられます。


Comments

Popular posts from this blog

私は36歳です。Google, Facebook, Microsoft, Appleにソフトエンジニアとして入社するには私は年を取り過ぎているでしょうか?

ソフトウェア開発の仕事は本当に将来性がないでしょうか?理由も教えてください。

日本の会社にもっと優秀な海外の技術者を呼び寄せたい場合、給料以外にどんな策を講じる必要あると思いますか?