GoogleやMicrosoft等の有名企業で従業員がサボらないようにどうやって対処していますか?

そもそも対処していません。まず前提として知っておいて欲しい事があります。多くのトップレベル会社(特にテックカンパニー)は従業員がどのように会社で過ごすのか細かく管理していません。結果が全てだからです。

他の知っておいて欲しいなのはあの会社に採用されている従業員はモチベーションが高くて、時間管理と優先付けに長けている事です。私たちはたまにするように、ある従業員がサボった。そうなったら、その分の埋め合わせをしないといけない事です。近代の勤務環境は24時間稼働です。どのぐらい仕事や自由な事に時間を割り当てるかは従業員の自由です。これはワークライフバランスのことです。

つまり、誰も1、2時間を無駄にしたり、遅刻したり、休憩が通常より長く取ったり、早退したり、「子供を病院に行かせる」や「医者に診てもらう」などの嘘をつき休んだりしても、誰も気にしません。仕事への準備、責任に悪影響が出たとしたら、その人自身が招いた結果です。もし、いるべき時にその場にいなかったり、求められていた時間内に仕事を終わらせられなかったり、期待されていた仕事の結果を出せなければ、その会社で長続きはしないでしょう。なので、会社はサボろうが気にしていません。もし、トップレベル会社で働いているのであれば、一人前のプロとしての仕事をまとめられるのは当たり前で、誰も監視しなくても、結果を残すのが普通なのです。

Comments

Popular posts from this blog

ソフトウェア開発の仕事は本当に将来性がないでしょうか?理由も教えてください。

ITエンジニア必須の再審用語解説

windowsのOSは32bit版と64bit版があります。64bit版の方が処理が速くて、使いやすいと捉えて大丈夫ですか?