Kubernetes上で機械学習の実行が可能な「Kubeflow1.0」バージョンリリース


 米Googleは、Kubernetes上で機械学習の実行可能にする「Kubeflow1.0」を、3月3日(現地時間)にリリースした。

 「Kubeflow」は、企業におけるソフトウェア開発から、機械学習に至る共通のインフラの標準化と、機械学習のあらゆるステップの、オープンソースのデータサイエンス及びクラウドネイティブなエコシステム活用を実現する。

 Google Cloudのアプリケーションプラットフォームである「Anthos」上で「Kubeflow」を使用することで、ハイブリッド且つマルチクラウド環境の機械学習のワークフローを実行しつつ、「GKE」におけるエンタープライズレベルのセキュリティ、自動スケーリング、ログ、ID機能を利用できる。

 今後は、「Anthos」を使用したオンプレミスでの機械学習のワークロードのサポートや、「Katib」「Batch on GKE」における大規模ハイパーチューニングジョブの実行、プライベートGKE及びVPCサービスコントロールを使用したデータ流出を防ぐソリューションといった機能の追加を予定している。

Comments

Popular posts from this blog

ソフトウェア開発の仕事は本当に将来性がないでしょうか?理由も教えてください。

ITエンジニア必須の再審用語解説

windowsのOSは32bit版と64bit版があります。64bit版の方が処理が速くて、使いやすいと捉えて大丈夫ですか?