WindowとMacOsとLinuxの良い点とダメな点は何ですか?


いずれのOSの利用経験がありますので、私見を述べてみます。

  • Window:
    • 良い点:
      • マシンの選択肢が豊富
      • デバイスの対応状況が良い
      • 使用者が多いため、問題が起きた時に解決方法をネットで得たり、援助を受けやすかったりする
    • ダメな点:
      • 動作が重いので、高スペックなマシンが必要
      • OSが落ちやすい
      • CLIがLinuxやMacOSに比べると使い辛い
  • MacOS:
    • 良い点:
      • マシンとOSが総合的に作り込まれていますので、動作が安定する
      • 問題が起きても、Appleサポートの対応がきめ細かい
      • GUIやCLIも快適に利用できる
    • ダメな点:
      • マシンの値段が高い
      • マシンの選択肢が少ない
      • ライセンス上、Apple社のマシンにしかインストールを認められてないため、他のOS上の仮想マシンなどにMacOSをインストール出来ない
  • Linux:
    • 良い点:
      • 動作が軽いため、あまり高スペックではないマシンでも実用的に使える
      • 多くのディストリビューションが無料でインストールできる
      • CLIが快適に利用できる
    • ダメな点:
      • OSをインストールしてから使いやすい環境を整えるまで、時間がかかる
      • 問題が起きた時には、自分で解決するだけの技術力が必要
      • 特殊なデバイスを利用するのは苦労する
以上、ご参考になりましたら、幸いです。








Comments

Popular posts from this blog

ソフトウェア開発の仕事は本当に将来性がないでしょうか?理由も教えてください。

ITエンジニア必須の再審用語解説

windowsのOSは32bit版と64bit版があります。64bit版の方が処理が速くて、使いやすいと捉えて大丈夫ですか?